地方創生番組(リスナー参加型プレゼント番組) 「ハッピープレゼント」はぴぷれ

社会福祉法人「一粒の麦の会」

2022年2月20日放送

社会福祉法人「一粒の麦の会」

法人理事 《松嶺 洋平》まつみね ようへい氏

はぴぷれの放送聴き逃した方はこちらより!

前半のゲストさんは、社会福祉法人「一粒の麦の会」法人理事、「高齢者支援複合施設」施設長《松嶺 洋平》まつみね ようへい氏
♪( ´▽`)

「釣り、スポーツ、バンド」を愛する《松嶺 洋平》氏は、両手では足ら無いくらいのお土産を持って颯爽と登場されました
自信が法人理事を務める社会福祉法人「一粒の麦の会」の皆さんが自社農園で作られた「お米」「麦」を何キロも袋詰めされたお土産と、その「麦」を使って作られたとても美味しそうなクッキーやスイーツなどを箱一杯にドッサリと
ハウジングロビーの皆さん(特に女子)は、大喜びでした

笑顔いっぱいに「介護」のお話しをする《松嶺 洋平》氏はどんな方なのでしょうか?

生まれは福岡県のシティボーイですが、幼少時に両親の故郷である松浦市へ、現在は佐世保市在住

松浦高等学校卒業〜その後、大分のリハビリテーション専門学校に進学するも3年時〜知り合いのつてで病院が開設する通所リハビリテーション事業所に12年勤務。

その勤務の中で「介護福祉士」と「介護支援専門員」の資格を取得。
資格取得後、介護支援専門員の資格を生かすために転職。
サービス付き高齢者向け住宅と小規模多機能型居宅介護の併設複合型事業所へ入職、管理者兼計画作成担当者として5年間勤務する。
5年間勤務の中での疲れもあり、半年間休養。
その後、今の法人へ介護員として入職し、3か月後に副主任に就任、その1年後、サービス付き高齢者向け住宅の「管理者」兼「小規模多機能型居宅介護の計画作成担当者」に就任。
その5か月後、複合施設の施設長に就任。
その6か月後、法人理事に就任し、現在に至る。

【メッセージ】
自施設での取り組みなどを踏まえて介護の楽しさややりがいについてお伝えさせて頂き、介護の仕事をしてみたい見てみたいなと思ってもらえるようなPRをしたいです。また、当法人は障がい福祉の事業所も設置していますので、そちらの取り組みなどもお伝えできればと思っています。

【あなたの人生を変えた◯◯】
尊敬できる人との出会いそれによって介護の仕事に対する考え方が変わりました。
特に利用者様への想いの面で大きく変わることが出来ました。

《松嶺 洋平》氏が語る「介護」の素晴らしさは、番組の中で

「一粒の麦の会」website
http://www.emukaesakura.or.jp/