地方創生番組(リスナー参加型プレゼント番組) 「ハッピープレゼント」はぴぷれ

ふえうた舎

2022年3月13日放送

ふえうた舎

代表、篠笛奏者《児島 依奈美》こじま いなみ氏

はぴぷれの放送聴き逃した方はこちらより!

後半のゲストさんは「ふえうた舎」代表、篠笛奏者《児島 依奈美》こじま いなみ氏
♪( ´▽`)

お着物で、立ち居振る舞いも美しく綺麗な西陣帯の笛入には、沢山の篠笛が並んでいました♪ その中から一本の「篠笛」しのぶえを選んで放送の中で、一曲演奏して下さったのは♪ 『3.11』に想いを寄せる「花は咲く」でした
美しく透き通った篠笛の音色に癒されました
素敵な「人生の物語」と篠笛の音色は番組の中で

「花は咲く」は♪ 東日本大震災の被災地および被災者の物心両面の復興を応援するために制作されたチャリティーソングです

【プロフィール】
長崎市出身、長崎市在住。
2005年、中国笛を始める♪ その後、日本古来の和楽器・篠笛に魅了され、世界中で活躍している篠笛奏者の《狩野 泰一》氏に師事。

師匠《狩野 泰一》氏website
https://yasukazu.com/

2018年、笛仲間数名からの要望を受け、公民館等で練習会を開始。
2019年、篠笛で歌うように奏でることを目標とする愛好者の会「ふえうた舎」を立ち上げる。
2021年には大村市松原八幡神社の神楽制作のプロジェクトにおいて、篠笛の指導担当。
篠笛奏者、狩野泰一氏の長崎初のコンサート、篠笛教室を開催。
地域のイベント出演や慰問演奏等を行いながら、和楽器の継承、篠笛の輪を広げるため活動中。

【メッセージ】
篠笛は日本古来1,200年の歴史を持つ和楽器で、唯一、日本でうまれた楽器と言われています。
昔から日本各地の祭り、獅子舞、神楽等の民族芸能をはじめ、民謡・長唄等の様々な音楽に使われ、日本人にとっては一番身近なメロディ楽器だったはずなのですが、長崎においてその認知度は極端に低いものとなっています。
竹1本のシンプルな楽器なので、誰でも気軽に始めることができ、コロナの中でも、山や海、公園など、自然の中で、自分の好きな曲を好きな時に奏で楽しむことができます。深呼吸することでストレスを解消し、体力増進や心身のバランスを整える効果も得られます。
竹の特性や風合いがもたらす、シンプルで透き通る、優しい音色。
こんな素敵な楽器を一人でも多くの方に知っていただき、一緒に楽しめたらいいなと思っています。

【あなたの人生を変えた◯◯】
なんといっても、この篠笛との出会いが私の人生を変えた一番の出会いです。
今まで、色んな事に興味を持って、趣味として始めたことはありましたが、こんなに大きな喜び・楽しさを継続できる趣味はありませんでした。
笛の輪、人の輪が広がり、たくさんの経験や学びの中で、社会貢献にも繋がっていることを実感できるようになってきました。
人生100年と言われる高齢化社会の中、生涯の趣味として、これからも笛と一緒に歩んでいきたいと思っています。

篠笛「ふえうた舎」Facebook
https://www.facebook.com/%E3%81%B5%E3%81%88%E3%81%86%E3%81%9F%E8%88%8E-111987996994884/