地方創生番組(リスナー参加型プレゼント番組) 「ハッピープレゼント」はぴぷれ

合同会社まなび舎

2022年5月15日放送

合同会社まなび舎

代表社員《梶原 恵》かじはら めぐみ氏

はぴぷれの放送聴き逃した方はこちらより!

前半のゲストさんは、「合同会社まなび舎」代表社員《梶原 恵》》かじはら めぐみ氏
♪( ´▽`)

静岡県静岡市出身、名城大学農学部卒

名古屋の女子大にご勤務の時、ご結婚〜三人のお子さんに恵まれるも、ご主人が天に召され、お子さん達とご主人の実家がある長崎県大村市へ移住、向陽高等学校非常勤講師として着任後、〜私塾開設〜「合同会社 まなび舎」設立と子育てと「学び」を進める中に「コーチング」との運命的な出会いを迎え、日々が彩られ進化していく「人生の物語」を伺いました。

詳しくお話しは、番組のなかで

【あなたの人生を変えた◯◯】
運命(宿命?)と「コーチング」…..かつて、「強制脅迫命令禁止罵倒侮辱恫喝」 のすべてをやりつくした 最低の「母親」だった。
コーチングに出会いその仲間と出会う中で、自分が変わった。 これも、主人が亡くなってから出会ったものであり、その運命(宿命?)がなければ、コーチングにも出会っていない。

◎<理念> 「誰一人取り残さない!」~子どもを社会のど真ん中に~ (目の前に現れた子どもを支援していたら、やることが広がっていった)

◎<目指すもの>
本物の「学習」を探求し、その楽しさを伝えていく場となる。
「教育」から「発育」(本来人が持っている能力や資質を引き出すための場)への転換を啓発していく。
福祉と教育(厚生労働省と文部科学省)そして公(行政)と民間の壁を取っ払う。
特に学校や教育委員会との強力な連携をつくり上げ、ONE チームとしてタッグを組む。
発達障害をはじめとする「障害」や「不登校」に対する社会の偏見をなくす。
子どもを社会の中心に置いたときに不必要な壁や段差をなくし、フラットな世の中にすることは、
必要不可欠重要事項である。よりよい環境を創るべく尽力していく。

子どものみならず、保護者の心のよりどころとなる。
子どもと保護者の支援者としての鍛錬と自己研磨をする。

<これから・・・>
7 月か 8 月ぐらいから、また、コーチング&教育コミュニケーションを軸とした「ハピママ講座」をリニューアル復活します♪ いろんなことを抱えている保護者の皆さん♪ 荷物を降ろして楽になりましょう♪ 詳細はまた Facebook などで紹介していきます

「合同会社まなび舎」website
https://www.manabisya-oomura.com/

「合同会社まなび舎」Facebook
https://www.facebook.com/goudougaisya.manabisya.2015/