地方創生番組(リスナー参加型プレゼント番組) 「ハッピープレゼント」はぴぷれ

株式会社「ハウジングロビー」

2021年2月28日放送

株式会社「ハウジングロビー」

代表取締役 森田 龍三(もりた りゅうぞう)氏

はぴぷれの放送聴き逃した方はこちらより!

今回のゲストさんは、株式会社「ハウジングロビー」代表取締役《森田 龍三》もりた りゅうぞう氏
♪( ´▽`)

先ずは、こちらのショームービーをご覧いただきたいです…. 長崎の街の物語ですよ

「de_fault」変化_あたらしい未来をつくる
https://youtu.be/GRJ_5ywO4_8

素晴らしい作品ですね…..実は、ご本人《森田 龍三》氏も、少し登場してますが…役者としてよりも、ご注目していただきたいのは映像のクライマックスに流れていた….楽曲オリジナル曲が、森田氏の作品だというサプライズなのです

作品「変わるもの、変わらないこと」
コンポーザー&ライター、アレンジャー、全ての楽器を演奏&打ち込んで、ヴォーカルも務めているという凄さ…..スキル、クオリティーの高さに驚きますね….今回、番組内でもオンエアーします….プロのミュージシャンなのでしょうか?….いえ、不動産会社の社長さんです。

さて、森田氏はどんな方なのでしょうか

長崎県佐世保市生まれ、長崎総合科学大学在学中に、お母さまと一緒に「株式会社ハウジングロビー」を設立する

事業内容 賃貸・売買仲介事業、賃貸管理事業、リフォーム事業をメインに展開する

【会社メモ】
1987年に設立。当初は賃貸管理業をメーンに事業を展開。
その後、仲介店舗を4店舗に拡大し、07年に管理戸数は4500戸を突破した。08年のリーマンショックにより管理戸数が減少したことで、戸数ではなく「管理の質」に軸足を移す。現在はリフォームの提案やステージングを強化し、入居率97%台を維持している。

【最近感じること】
令和に入ってから世界が新たな時代へと進み出していると痛感しています。

半世紀を生きてきた中でいろんな変化がありましたが、今回の変化は本質的に違うと感じて
います。

自然災害の多さ、環境問題からエネルギー政策の転換、第4次産業革命と言われるIT技術の
進化等々多岐にわたる選択を迫られていると感じております。

昭和と平成の時代を約半分づつ生きてきて令和の変化を痛切に感じてます。

地球との距離感、自然との距離感、情報との距離感、人との距離感等々、、、

ソーシャルディスタンスという言葉がコロナ禍においてよく使われていますが、、、
社会的な距離を取る?
人と物理的な距離を取るのでは?
ソーシャルといえばsns ですが、知らない人と繋がろうとし、身近な人とは距離を置く
という状況は、何か違和感を感じる今日この頃です。

戦後作り上げてきたものが終わり新しい未来を作り上げていく
折り返し地点ではないのかと思います。
しかしながら人間そのものの本質は決っして変わらないと思う。
デバイスの進化とシステムの再構築がより良き未来に向かう事を節に願います。

【メッセージ】
1 セルフ内見 「自分で見れルーム」
 コロナ禍において非対面型接客スタイル
 LINEより申し込みいただきご自身で直接物件の内覧ができる。

2 空室のモデルルーム制作の為のお部屋演出ツール「モデルーム」
 何もない部屋を見学するよりもステージングされたお部屋の方が、生活のイメージがつきやすいプラスチック製のディスプレイ家具です。
簡単設営、コストが安いのです。

3 TVCM制作
 変化の時代に未来を描く若者4人のショートムービー《オリジナル曲挿入》

‪https://youtu.be/GRJ_5ywO4_8‬

今回は、一時間放送でお届けします….お楽しみください…..詳しくは番組の中で