地方創生番組(リスナー参加型プレゼント番組) 「ハッピープレゼント」はぴぷれ

ママの保健室@長崎」

2021年5月2日放送

ママの保健室@長崎」

代表《岡田 恭子》おかだ きょうこ氏

はぴぷれの放送聴き逃した方はこちらより!

前半のゲストさんは「ママの保健室@長崎」代表「麻酔科医」ドクター「ISD個性心理学」インストラクター《岡田 恭子》おかだ きょうこ氏
♪( ´▽`)

《岡田 恭子》おかだ きょうこドクターは、「ママの保健室@長崎」で、どんな事を伝えているのでしょうか?

「性=恥ずかしい」と育った昭和世代

でも、令和の子供たちにはこう伝えたい。

「性=心を込めて生きる」ための性別、身体の悩み、親や自分との関係、自分らしさを含む大事な話。

親が恥ずかしいと思っていると、
子どもは親に相談できない。
長崎県は性感染症も、妊娠中絶も多い。
性のことで、悩み苦しむ子供を減らしたい。

独身、シングル親、同性婚、ステップファミリー、身体の大きさ、顔のつくり、みんな違ってみんないい。
性別じゃない、個性。

それぞれの意見が取り上げられ、強いものが引っ張る社会がやっと変わりつつある。

自分のことを好きになるために。
大人も子供も性教育。

毎月開催中
子供達はスマホデビュー、小学校でもタブレットデビューが多いので、インターネットSNS関連を中心にお伝えする予定です

コメント欄からブログに飛べます。
言いたいことは大体書いてあるけど、読む時間がもったいないので、ぜひご参加ください

麻酔科医ドクターと言う職業柄、自分の間違いから「患者」さんが命を落しかねない緊張感が続くお仕事、しっかりとした「言葉」で思いを伝える《岡田 恭子》おかだ きょうこドクターのお話しは、番組の中で

【プロフィール】
●ママの保健室@長崎
●小学生2人の母
●麻酔科医15年目
●ISD個性心理学インストラクター

昔は自分の正しさを押し付け、イライラガミガミしてた私が!

それぞれの違いを知り、お互いを認め合えるようになったのは
個性の違いを知ったから。

【メッセージ】
「お母さんのための性教育」を月1回リアルとオンラインで開催中!!

子供達がインターネットでどんどん情報を手に入れてしまうこの時代
防犯、自分らしさ、心と体の成長のお話、
「お母さんが受けてこなかった性教育」が今の子供達のために必要です。

子育てお役立ち情報はこちらで↓
https://ameblo.jp/mykyo77/

【あなたの人生を変えた◯◯】
ISD個性心理学と性教育に出会ったことで
人との関わりが楽しく、自信が持てるようになりました。

これから、ますますコミュニケーションが必要になってくることは間違いない。
お母さんが勉強することで、家族みんなが楽になる。

子育てがもっと楽になる。
個性を認め合い、お互いに助け合う楽しさを伝えたい!

qhttps://linktr.ee/okdkyon