地方創生番組(リスナー参加型プレゼント番組) 「ハッピープレゼント」はぴぷれ

税理士法人ネクスト・プラス

2021年9月5日放送

税理士法人ネクスト・プラス

代表税理士《東 大智》あずま だいち氏

はぴぷれの放送聴き逃した方はこちらより!

「コロナ禍」に於いてどのようなアクションを起こしているのか?
お話しを伺いました

諫早市出身、横浜国立大学・大学院卒業

株式会社エスネットワークス(東京)〜地元諫早に戻り、父の税理士事務所の跡継ぎとして副所長に就任〜税理士法人ネクスト・プラスとして法人化し、代表に就任する。

税理士法人ネクスト・プラス長崎オフィスを新築移転(長崎市扇町)

長崎オフィスの電力を再生エネルギー100%電力に切り替え、脱炭素に向けて一歩踏み出す

◯ 2018年、地元諫早初となる、企業主導型保育園「みらいの保育園」を開園する。

◯ 初の著書「跡取り社長だからこそできる事業承継“創業”-承継でかなえるあなたの夢」出版する。

【メッセージ】
①長崎オフィス新築について
自宅マンションを売却し賃貸に転居(子どもの通学の関係で、そこの住むことに積極的な理由が無くなった)。

その後、コロナ禍で旧長崎オフィス(賃貸)に併設していた妻のヨガスタジオが事実上閉鎖。
自宅とオフィスの両方が賃貸となり、家賃を払うなら新築できるのではないかと計算。
コロナ禍で夜の時間が暇になり、土地探し・設計プランなどをじっくり検討できる時間が増えた。
思い切って、思ったことをやるしかない!ということで、長崎扇町の本原橋を渡って3軒目に税理士法人ネクスト・プラス長崎オフィスが新築移転しています。これから長崎市で積極的にお客様を開拓していきたいと思っています。

②長崎オフィスの電力、再エネ100%電力に切り替えについて、EV用充電コンセントを何となくつけてもらっていた。
菅総理に変わってから脱炭素社会・カーボンニュートラルが促進し始めた。
では、まずクルマを変えてみよう。ということで、過去数台輸入車に乗ってきたが、スパッと乗り換えた。三菱自動車のエクリプスクロスPHEVというプラグインハイブリッドEVです。
おかげでガソリンはほとんど消費しなくなりましたが、電力はこれまで以上に使うようになりました。
そこで、再生可能エネルギー100%の電力を購入することができることを知りました。
電気供給契約をそれに変えました。
単価は少し上乗せになりますが、中小企業でもできる脱炭素への取り組み、SDGs装備?できるのかなと。

③グループ会社が運営する「みらいの保育園」令和4年度園児募集について
諫早市小野町にある「みらいの保育園」
0歳~2歳までの小さなお子様に特化した保育園です。
認可保育園とは異なり、基本的に先着順で園児入園を決めて行きます。
募集人数は5名程度になると思います。
お早めに検討下さい。
お問い合わせは、0957-46-6355 宮田 まで。

【あなたの人生を変えた◯◯】
2017年2月「うちの子ども認可保育園に入れませんでした。育休から復帰できません。」

2名の女性従業員から報告を受けたときです。
諫早でも??待機児童ゼロの街って言ってなかった?

これがきっかけで、諫早初の企業主導型保育園「みらいの保育園」を作ることになった。
その結果、中小企業の代表という立場は、自分が思っていた以上に社会的な強さをもっていることを知る。
自分がやってみようと思ったことを実行できるのは、中小企業の代表だからではないか。

たまたま、自分はそうなった。日本はサラリーマンの方がほとんどの社会だ。
それであれば、自分が思ったことを実行したほうがいいよね?

実行した結果が良かったのか、そうでなかったのかは、分かりません!他人に評価はどうでもいい、自分の人生に、実行しなかったことを後悔する場面が無ければいいかな今の心境です。

「税理士法人ネクスト・プラス」web
https://next-plus.nagasaki.jp/