地方創生番組(リスナー参加型プレゼント番組) 「ハッピープレゼント」はぴぷれ

DANCEMASTERS

2020年11月8日放送

DANCEMASTERS

ダンスマスターズ 講師・映像クリエーター&アーティスト 松尾 杏音(まつお あんな)氏

はぴぷれの放送聴き逃した方はこちらより!

後半のゲストさんは「DANCEMASTERS」ダンスマスターズ 講師・映像クリエーター&アーティスト《松尾 杏音》まつお あんな氏
♪( ´▽`)

長崎のダンスシーンに革命を起こした《松尾 みゆき》先生長崎の音楽業界の才能たちが信頼するサウンドマスター《松尾宗人》氏お二人の『DNA』を受け継ぐエンターティメントのアンバサダーです

《松尾 杏音》氏は、ダンスを幼い頃から愛する環境を生きる….そして、その傍らには父のギターや楽器類&音響機器が溢れる環境が揃っていました

その「音楽」に包まれた「人生の物語」を伺いました

長崎出身、2011年3月 東京女子大学 文理学部哲学科卒業

幼少よりダンスマスターズにてダンスを始める〜2007年 上京「BEATNIK STUDIO」川崎悦子、TETSUHARUの元でダンスを学ぶ。〜2011年 5月~2012年8月まで振付師川崎悦子のクラスアシスタントを務める〜2011年 映画「モテキ」オープニングシーンダンサー/ NHKドラマ「カレ、夫、男友達」出演〜2012年 劇団新感線「シレンとラギ」(藤原竜也、永作博美主演)出演 他、様々なイベントへ出演。

2013年 2月帰崎「DANCEMASTERS」にて講師となり、後進育成や映像作品制作などに尽力する。
現在は長崎市内の「DANCEMASTERS」での教えをメインに、佐世保「BeーFlat」でもJazzクラスを担当。〜県内外でWORKSHOP活動も行っている。

【メッセージ】
コロナウイルスにより世界中の人の生活が一変し、未来に光が見えない状況が未だ続いています。毎年スタジオが開催していた発表会も今年は中止となり、イベント関係も全て中止となりました。
ですが今回のことがきっかけで、改めて、踊ること、そしてクリエイションについて改めて考える事ができました。
来年の8月の発表会は開催が決定。2020年という年が、我々にもたらした物をプラスにするかマイナスにするかが試されている機会だと思っています。また、舞台以外では映像作品を現在制作中で、年内に配信を予定しています。
ダンスは、舞台は、エンターテイメントは人々の心をふるふるさせてくれるものであり、その豊かさは心が感じるものです。
たくさんの方の心身が、元気になるきっかけになるものを、これからも創り発信していければと思っています。

【あなたの人生を変えた◯◯】
私の人生を変えた街、東京。
匂い、雰囲気、色、人、街、景色全てが唯一無二。
背伸びをしまくっていた10代、現実に直面した20代、等身大の自分を見つけた30代、どの年代で行っても、刺激と孤独と自由を与えてくれる場所。

映像クリエーターとして《杏音》の名義で、今話題の「砂時計」を『CHOREOGRAPHY / FILM /EDIT』として制作詳しいお話しは番組の中で

《砂時計 / YOSHIKI FUJIMOTO》

自らが作曲した曲を、演奏し、踊りました
技術も感覚も、これらからいくらでも進化、変化していくでしょう
まだ色のついていない、12歳の”今という刻”

DANCE / MUSIC / PIANO
YOSHIKI FUJIMOTO

SPECIAL THANKS
松本みゆき

CHOREOGRAPHY / FILM /EDIT
杏音

PRESENTED BY
DANCEMATERS

「DANCEMASTERS」web
http://dancemasters-studio.com/phone/index.html

「DANCEMASTERS」Facebook

https://m.facebook.com/dancemasters.nagasaki/

《松尾 杏音》氏の映像作品「砂時計」
https://youtu.be/984Sg335Lnk